インドのジェネリック薬、カベルタ

勃起不全(インポテンツ)になってしまう原因は、人によって異なります。
最も勃起不全になりやすい原因は、「老化」だといわれていますね。
若い男性は体力も有り余っていますから、精力も旺盛です。
歳を重ねてくるにつれて、体力も衰えていきますから、それに伴い精力も落ちていくことはある意味当然のこととも言えます。
男性器の機能の低下によって、次第に性欲もわかなくなっていく方も多いです。
ですが、男性の中には、何歳になっても性的な興味を失わない方もいらっしゃいます。

そのような方にとっては、勃起不全は非常に辛い悩みとなってしまうことでしょう。
勃起不全になってしまった男性の中には、お薬でその悩みを克服されている方もいます。
ED治療薬と呼ばれている薬を服用すれば、すぐに男性器を勃起させるパワーをつけることが可能になるのです。
「バイアグラ(ファイザー株式会社)」などのED治療薬には、男性器にたくさんの血液を流してくれる効果がある有効成分が含まれているのです。
ちなみに、その有効成分の名前は、「シルデナフィルクエン酸塩」です。
この成分には男性器の海綿体平滑筋の緊張を緩めて、血流を促進し、勃起しやすい状態にしてくれる作用があります。
近年では、このシルデナフィルクエン酸塩を使ったジェネリックED治療薬もたくさん登場してきています。
インドの製薬会社がつくっているジェネリックED治療薬は、値段がリーズナブルなこともあって、日本国内でも注目させる方が増えてきています。
インド製のバイアグラジェネリック薬の中でも、安くて効果が高いものとしては、「カベルタ(caverta)」というお薬があります。
このカベルタは、「RanbaxyLaboratories社」で販売されているものです。
バイアグラは青い色をしたひし形状のお薬ですが、このカベルタは赤みを帯びた色をしています。

色や形状は異なりますが、バイアグラと同じ有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」が含まれているので、効果はほとんど同じといわれていますね。
服用してから、1時間程度で効果が出てきます。
空腹時に服用した場合には、約30分くらいで効果が現われてくることもあるようです。
ですから、あまりお腹いっぱいにした状態の服用は控えた方がいいかもしれませんね。

薬の持続時間は、4時間から6時間程度となっています。
かなり、長い間効果が持続するので、非常に使いやすいお薬です。
ただ、カベルタは日本では承認されていないED治療薬であるため、病院では処方を受けることはできません。
この薬をお使いになっている方のほとんどは個人輸入で取り寄せをしているのが現実です。

カベルタの使ってみたいと考えている方は、海外のお薬を簡単に取り寄せできる個人輸入代行サイトもありますので、利用してみてはどうでしょうか?
個人輸入は自己責任において購入することになるので、医師の処方箋や診断書がなくても購入が可能です。

Comments are closed.