経済的にED治療ができるカベルタとは

ED治療薬として最も有名なのはバイアグラですが、そのジェネリック医薬品としてカベルタが存在します。
ジェネリック医薬品とは、新薬の後発医薬品であり、新薬と同質の品質、効果、作用が得られる医薬品のことです。
メリットとしては薬価の安さでしょう。

新薬は開発費用に約500億円の費用が掛かっていますので、市場に出すときにどうしても薬価が高くなってしまいます。
その点、ジェネリック医薬品は新薬の成分・製法をもとにしていますので開発費用も数千万円~1億程度とかなり低くなっています。
そのため、市場には安い薬価で提供できるという特徴があります。
これによって医療費の経済的負担を減らして、収入に関係なくすべての国民が然るべき治療を受けることが可能です。

実際、バイアグラの薬価は1錠1500円~2000円とされていますが、カベルタは1錠約250円~500円で購入できるとされます。
カベルタはインドのRanbaxyLaboratories社によって製造されています。
主成分はもちろんバイアグラと同様のシルデナフィル、主に100㎎が流通していますが、日本人の体形に100㎎は強いのでピルカッターで半分に割って50㎎にしてから服用することが奨められています。
用法用量もバイアグラ同様、1日1錠の服用まで、空腹時の服用、併用禁忌薬もあるため人によっては注意が必要です。

入手方法はインド国内で処方してもらう、もしくは個人輸入に頼ることになります。
カベルタはインド国内のみで認可されているジェネリック品であり、日本での正規購入はできません。
よって、インドに渡ってインドの医療機関で処方してもらう、それが不可能ならば日本にいながら個人輸入をするという方法で入手するしかないでしょう。
インドに渡るのも難しいので、基本的には個人輸入に頼ることになりますね。
医薬品を海外から入手することは法的に問題はないのかと心配する人もいますが、厚生労働省が「個人利用の自己責任に限って、一定の用量のみなら個人輸入することを許可する」としています。
つまり、条件さえ守れば法的にも問題ではありません。
ただ、海外取り引きにはなるのでリスクも伴うことは理解して、安全に個人輸入をするようにしましょう。

そこで個人輸入では、インターネット上で手続きができる個人輸入代行業者を活用します。
消費者は通常のネットショッピング同様に、個人輸入代行業者のHPから商品をショッピングカートに入れて購入手続きを済ませるだけです。
すると代行業者が輸入手続きをしてくれますので、海外から消費者の元へ直接商品が届きます。
海外直送ですので1週間~10日は見ておきましょう。
原則、関税でひっかかるようなことはありませんのでスムーズに受け取ることが可能です。
この時に利用する輸入代行業者は個人輸入の実績があり、法規制に従う安全な業者を活用するようにしてください。
カベルタを安全に入手するためには、事前の下調べも重要です。

Comments are closed.